小学校の娘の運動会が終わりました。

秋の運動会もありますが、初夏にも運動会は開催されていますよ。

初夏の運動会も定番になりました。
今年も良い天候に恵まれました。

“小学校の娘の運動会が終わりました。” の詳細は »

不動産を共有することのリスクについて

不動産を共有とすると、いざ処分しようとしたときに1人では自由に出来ません。

相続人が多数いて、相続財産が一つの土地のみの場合、
遺産分割に困ることが多いです。


“不動産を共有することのリスクについて” の詳細は »

二月の十八日は妻の誕生日でした。

準備は大変でした。しかし、みんなで良い誕生日を過ごすことが出来ました。

昨日は妻の誕生日でした。家族でお祝いをしました。
ケーキも料理もおいしかったです。


“二月の十八日は妻の誕生日でした。” の詳細は »

銀行の解約の手続きについて必要な書類

相続手続きには誰が相続人であるか、そして合意があるかが求められます。

お亡くなりになった方が預貯金をお持ちの場合、
解約手続きにおいて、そろえる書類にはどのようなものが必要なのでしょうか。


“銀行の解約の手続きについて必要な書類” の詳細は »

代襲相続についてと遺産分割協議を検討する

子や孫が親に代わってその相続を受ける場合

相続が発生した時、その死亡者(被相続人)に配偶者がいた場合、配偶者は必ず相続人となります。
“代襲相続についてと遺産分割協議を検討する” の詳細は »

内縁の妻と子の相続は大変だ

内縁の夫が被相続人で本妻がいない時、内縁の妻とその子が相続する場合

相続では、妻と子がいる場合の相続では、配偶者が1/2の相続分を残りの1/2を子が相続すると、民法で規定されていますが、この時の妻は婚姻届の出してある戸籍に妻として届出ている場合を言い、婚姻届をしていない妻にはなんの権利も有りません。
“内縁の妻と子の相続は大変だ” の詳細は »

単純に言うと相続の順位はこうだ

民法上で決められた相続の順位と相続人となる親族の範囲

相続人になり得る範囲やその優先順位は民法上で決められています。血のつながりのある一族が平等にその権利を持っているわけではありません。
相続人は配偶者と血族の2種があり、配偶者は法律上婚姻関係にある正式な妻もしくは夫のことで、相続欠格や廃除にならない限り、常に相続人となります。
“単純に言うと相続の順位はこうだ” の詳細は »

どこまでが相続人となるのかの情報

相続人になり得る範囲と相続権の喪失並びに代襲制度

配偶者以外の相続人として上げられるのは、「子」ですが、もしその「子」が死亡した場合、子の子である「孫」が代わって相続人となります。これを「代襲相続」といいます。


“どこまでが相続人となるのかの情報” の詳細は »

不動産の相続と節税のための対策をする

評価の差額を利用した効果的な不動産の相続と節税を念頭に遺産分割協議を行う

相続というと現金や有価証券といったものが浮かびますが、不動産もその一つです。

この不動産の価格は「路線価」「固定資産評価額」といった価格を基に算出されます。これらは市町村役場などで固定資産税台帳を閲覧するか、固定資産評価証明書を取得すれば分かります。(固定資産税納税通知書にも記載あり)他にも、国税庁のHPなどで見ることができます。
“不動産の相続と節税のための対策をする” の詳細は »